Lesson.2:コミュニケーションテクニック

ここでは男女の性衝動の違いを学んでコミュニケーションテクニックを学んで頂きたいと思います。

男と女の脳の違いについて

男と女の脳の違いについて

皆さんもご存知のように人間の行動は脳の伝達信号から来るものです。性衝動とはすなわち、脳の働きなのです。皆さんは、右脳と左脳の違いはご存知ですか?右脳は主にイメージや空間の判断能力等をつかさどっています。では左脳はというと言語能力をつかさどっているのです一般的に、男性の方が右脳の能力が強く、女性の方が左脳の能力が強いと言われていますが、数学に強い男性が多く、国語に強い女性が多いのはこの為です。また芸術的な世界やクリエイティブな仕事に男性が多いのもこの為です。女性は、方向音痴でおしゃべり好きというのも、この脳の働きからもモノなのでしょうね。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、なぜ、このように男女で右脳と左脳の働きが違うのかご存知ですか?

それは、人の歴史の根本的な要素から来ているのです。本来、男性は家の外に出て狩りに出かけ獲物をとってくるイキモノだったのです。獲物を射止めるには空間能力が優れていないといけません。男性が狙った目標などに我先にと一番を取りたがる習性もここからきています。
その一方で、女性は、家庭を守る為に、家族、地域の人々と集団生活を守っていかなければなりません。そのためにコミュニケーション能力である「言語」が発達したのです。男性と違い、女性はコミュニケーションをとるために比較的に争いを避ける傾向があります。争いを避ける女性の行動はここからきているのです。

では、この原理を元に「性衝動の違い」をお伝えしたいと思います。

男と女の性衝動の違いについて

男と女の性衝動の違いについて

女性は男性以上に異性に対して「警戒心=不安」というもの持ちます。警戒心を持ったままでは、男性と接触しようとしないのです。女性は当然のことながら「子供」を産みます。子供を産み、そして育ててゆくパートナーとして相手の男性が適切であるかというのを本能的に見分けるのです。女性が男性以上に「浮気症」の男を毛嫌いするのはその為です。しかし、何人もの愛人を作りながらも、圧倒的な経済力で家庭を守れる夫に対して妻は口出しをしないというのもまた事実でしょう。それは、「経済力」という形で家庭を守れるからなのです。
また、男性が女性に対する「俺だけを見ていてくれ」という言葉は、「一番になりたい」という攻撃的な狩猟の本能からきているものであり、女性が男性に対する「私だけを見ていて」という言葉は、「安心したい」という守りの本能からきているものなのです。
当然、その日限りのセックスであればそのようなことまでも求めないものですが、女性の根本的な本能はそこにあるという基本ベースを知っておくことが、「本当の女性を口説き方」をマスター出来る秘訣なのです。

まとめ

要するに女性とセックスするために最も必要なことは、「警戒心を取り除き、安心感を持たせてあげること」なのです。
これは、もし一夜限りの関係であってもスムーズにセックスへと女性を導くためには大切な要素となってきます。

「このまま、次の日には捨てられちゃうんじゃないだろうか?」
「軽い女だと思われないだろうか?」
「友達にバレたらなんと思われるだろう?」
「この人は女なら誰でもいいんじゃないだろうか?」

このように、女性は様々な「警戒心=不安」を抱えるのです。それを取り除いてあげることでスムーズにセックスへと進んでゆくのです。

タイトルとURLをコピーしました